薬売り

発行者: 11.09.2021

章目次   小説目次   ホーム   掲示板. 章目次   小説目次   ホーム   掲示板.

このページは Cookie(クッキー)を利用しています。 このサイトでは快適な閲覧のために Cookie を使用しています。Cookie 信長の野望 武将風雲録 武将ファイル Cookie ポリシーをご確認ください。 詳細は こちら 詳しく見る 同意しません 同意します. 小説目次 薬売りの男達 薬売りの男達 その3. 先代は私の耳元で囁きながら、いつの間にか勃ち上がった私の魔羅を石鹸の泡の付いたぶ厚い手のひらで撫で回している。  布団の中で慌ただしく済ましていたこれまでの一人きりの行為と違い、純粋に男の欲望を知り抜いたその技巧は、先代の毛深い肉体に包まれた私の全身を痙攣させるほどの快感へと導くのだった。. 富山の薬売りのやり方は、「先用後利」と言って、商品先渡し、料金の支払いは後で、という商いである。  今でこそ気軽に街のあちこちでカードや通帳が使えるようになってはきたが、一昔前までは常に現金を懐に携え、歩いていたものである。そのため、この商いの仕組みでは、掛場先や薬の問屋からの信用がすべてに優先したのだ。  薬売には昔から言う清廉さが何よりも求められ、賭博や女遊びはきつく戒められていた。禁を犯したものは仲間内でも軽蔑され、最悪の場合は売薬としての権利を剥奪されるほどのものであったらしい。  また、今では組合の指導で毎週の休みの徹底や家族持ちの月に一度の帰省などが進められてはきたが、以前はまさに盆と正月だけが家族の元へ帰れる休みだったのだ。.

章目次   小説目次   ホーム   掲示板.

薬売り.            .      .      .   ハリーポッター ss  !

ちょうどこの時のアパートは契約を済ませたばかりで風呂場の腰掛けなども揃っておらず、先代も私も小石模様のタイルの上にじかに腰を下ろしていた。あぐらのままでは私の身体が洗いにくかったのだろう。先代が両足を投げ出し、その間に私に座れと言ってくる。  その状態で先代が後ろから私の前へと手を伸ばすと、当然私の肉体が後向きに先代の毛深い肉体にすっぽりと包まれるような格好になった。先代はまるで赤ん坊をあやすように、私の胸や腹に石鹸のついた手拭いをこすりつけ、片手は下腹を押えるように私の肉体を抱き抱えているのだった。  今時の若者に比べれば、男同士で裸で過ごすことに対しての恥ずかしさは少なかったのだろう。このときも肩の上から自分の倅を覗かれることへの気恥ずかしさは感じていたが、男同士で肌を寄せあっているということの異常さにはまったく気付いていなかったように思う。それよりも自分の父親とそう年の違わない先代に、ここまでしてもらって申し訳ないという気持ちで一杯で、他のことを考える余裕などはなかったではなかろうか。. このページは Cookie(クッキー)を利用しています。 このサイトでは快適な閲覧のために Cookie を使用しています。Cookie の使用に同意いただける場合は、「同意します」をクリックしてください。詳細については Cookie ポリシーをご確認ください。 詳細は こちら 詳しく見る 同意しません 同意します.

“なぜこの事業が成立するのか”を示す、Business Model Syntaxの思考プロセス

初めて見る雄造さんの裸は、毎日の営業回りで鍛えられたどっしりした足腰の上にきれいな太鼓腹が乗った、まさに固太りの典型的な肉体だ。うっとおしくなるほどの体毛が、肌が黒ずんで見えるほどに全身を覆っている。股間や脇の下と言わず、せり出した腹や胸、更には背中から尻肉まで熊のように生え揃った剛毛が、見るからに精力に溢れた壮年の肉体を彩っているのだ。  その成熟した雄の肉体が発する何とも言えぬ色香に、私は息を飲んでしまうような感覚を味わっていた。その一瞬のとまどいを見透かされまいと、石鹸をなすりつけた手拭いを先代の広い背中に当てて激しく動かし始める。  全身の濃い茂みは泡立ちを助け、黒々と茂る剛毛には石鹸の白い泡がまとい付く。その堂々たる中年男の肉体は白黒に彩られ、より一層淫らさを増すように肉感的だった。  肩先を洗うときについ目をやってしまった股間の逸物は、先代の男らしい肉体にふさわしく、黒々とした茂みからでろりとぶらさがっていた。  先代は私に一通り洗わせると、自分の泡も流さぬうちに今度は私の背中を流し始めたのだ。遠慮する私を気にも止めずに、後ろから私の前へと太く毛深い腕を回してくる。.

江戸時代に始まり、多くの販売員の努力によって、全国に確かな地位 を築いていった「おきぐすり」ですが、その歴史は苦難の連続でした。 最初の大きな苦難は明治維新と同時に訪れました。中央集権体制をめざす明治政府の医薬行政は、西洋医学に基づく製薬の発展を期待し、漢方医学を根拠とし長い間、信用をかち取ってきた「おきぐすり」を滅亡の危機に立たせました。 パルメロ 明治3年(年)12月には「売薬取締規則」が発布され、旧幕府の医学所であった大学東校での検査を受けて免状をもらわなければ営業できないことになりました。 また、開発された有効なくすりは7年間の専売を認めるという項目を設け、商品の改善を迫ってきました。 明治10年(年)には、「売薬規則」によって売薬営業税や鑑札料などの税を定めて、売薬業界への圧力を強めました。さらに、明治政府は、西南戦争により財政の困難を補うことと「無害無能で日用の必要品でない売薬が莫大な利益をあげている」との理由で、明治16年1月から売薬印紙税を課してきました。これは、すべてのくすりに定価を付記し、その1割の額面 の収入印紙を貼らせることにしたもので売薬税とあわせ、業者には致命的な打撃となりました。 この売薬印紙税は、40数年後の大正15年になってようやく廃止されましたが、その後も、昭和初年の経済恐慌、太平洋戦争の敗戦など苦難の歴史は続きました。 昭和22年、戦時中の売薬統制が解かれ、自由にくすりを製造し、配置できるようになり、「おきぐすり」の製造や販売の組織づくりが行われましたが、戦後のインフレの影響で経営は苦境にたたされました。 昭和30年代に入ると、薬業界全体の生産が活発になり、著しい伸びを示しましたが、昭和36年から始まった国民皆保険制の実施で、国民はちょっとした病気でも医者にかかるようになり、このため国民医療費の増大という新たな財政上の問題も浮上して参りました。 こうした状況の中、軽い病気は自分で治すというセルフメディケーション(自己治療)の考えが徐々に浸透。くすりや医学の情報、知識が豊富な現代人の健康管理に「おきぐすり」が一役買っています。.

雄司さんの唇が少しずつ私の中心へと向かい動いていく。脇腹を爪先でまさぐられ、臍のくぼみに舌が差し込まれる。身をよじるようなくすぐったさが、ある時点で快感へと転化する。  私の突き出た腹の向こうから一度雄司さんが顔を上げる。中年男のすけべさを丸出しにしてにやりと笑うと、雄司さんの顔が私の越中に沈んでいった。. 章目次   武田観柳 なんj   ホーム   掲示板.

富山十万石の二代目藩主・前田正甫は、質実剛健を尊び自らも、くすりの調合を行うという名君でした。元禄3年(年)正甫公が参勤で江戸城に登城したおり、福島の岩代三春城主・秋田河内守が腹痛を起こし、苦しむのを見て、印籠から「反魂丹」を取り出して飲ませたところ、たちまち平癒しました。 この光景を目の当たりにした諸国の藩主たちは、その薬効に驚き、各自の領内で「反魂丹」を売り広めてくれるよう正甫公に頼みました。 この事件が「おきぐすり」(配置販売業)の発祥とされています。 正甫公は、領地から出て全国どこででも商売ができる「他領商売勝手」を発布。同時に富山城下の薬種商・松井屋源右衛門にくすりを調製させ、八重崎屋源六に依頼して諸国を行商させました。 源六は、「用を先に利を後にせよ」という正甫公の精神に従い、良家の子弟の中から身体強健、品行方正な者を選び、各地の大庄屋を巡ってくすりを配置させました。そして、毎年周期的に巡回して未使用の残品を引き取り、新品と置き換え、服用した薬に対してのみ謝礼金を受け取ることにしました。 こうして、現在のクレジットとリース制を一緒にしたような「先用後利」の画期的な販売システムが登場したのです。 ちなみに、「反魂丹」は備前の医師・万代常閑の先祖が、堺浦に漂着した唐人からその秘法を授かって作ったもので、正甫公自身が腹痛を起こした時に服用して平癒したという妙薬。正甫公は「人の病患を救う妙薬を秘しておくことは惜しい」と、天和3年(年) に常閑を招いてその処方の伝授を受けたとされています。.

身体を重ねたままの姿勢がきつくなったのか、先代はよっこらしょと身を起こし、私の太腿に割りこむように、どっしりとあぐらをかいた。  身体を横たえたままの私の全身が、先代の目の前に晒されている。おっ勃った魔羅をさも扱いてくれと言わんばかりの大股開きの格好に腰を抱えられると、顔から火が噴き出すような恥ずかしさを覚えた。それでも先代の無骨な手のひらが太腿の内側をぬるぬると撫で回すと、新たな快感の予感に下半身を揺すり上げてしまう。  ひとしきり乳首や腹、下腹部をいじると、先代の指先はいよいよ私の茂みへと向かってきた。先代の大きな左手のひらがふぐりをやわやわと揉みほぐす。時折、こりこりと刺激を与えられ右へ左へと逃げる睾丸が気持ちよかった。  手のひらと親指小指で器用にふぐりを転がしながら、中指と人差し指が自分でも見たことのない秘肛をぬるぬると撫で回してくる。  普通に扱かれていたらそれだけで気を遣っているに違いない刺激は、先代の右手で絶妙にコントロールされる。  決して上下の扱きを与えず、手のひら全体で肉茎のみを、くっ、くっ、と締め上げるやり方は、若い肉体をあと一扱きで、というところまでは昂ぶらせるのだが、決して最後のとどめを刺すことがないのだ。  十代後半という最も性欲が強い時代の雄に取って、一度火をつけられた欲望は白濁した汁を吐き出すまでは納まることが無い。.

  • 富山の薬売りのやり方は、「先用後利」と言って、商品先渡し、料金の支払いは後で、という商いである。  今でこそ気軽に街のあちこちでカードや通帳が使えるようになってはきたが、一昔前までは常に現金を懐に携え、歩いていたものである。そのため、この商いの仕組みでは、掛場先や薬の問屋からの信用がすべてに優先したのだ。  薬売には昔から言う清廉さが何よりも求められ、賭博や女遊びはきつく戒められていた。禁を犯したものは仲間内でも軽蔑され、最悪の場合は売薬としての権利を剥奪されるほどのものであったらしい。  また、今では組合の指導で毎週の休みの徹底や家族持ちの月に一度の帰省などが進められてはきたが、以前はまさに盆と正月だけが家族の元へ帰れる休みだったのだ。.
  • 直に咥えて欲しい・・・、そんな私の願いをわざと無視するように、雄司さんは布越しの亀頭をぐっと口に含んだ。べろべろと舐め回す舌の動きはあまりに切なく、のけぞるような快感を運び込んでくる。  雄司さんの唾液と私の先端から流れ出す先触れの液にぐっしょりと濡れそぼった越中の生地が、亀頭と魔羅にずるずるとまといつく。亀頭から離れた雄司さんの唇が今後は逆に、ふぐりに向かって竿の形をなぞるように降りていくのが分かった。. 富山十万石の二代目藩主・前田正甫は、質実剛健を尊び自らも、くすりの調合を行うという名君でした。元禄3年(年)正甫公が参勤で江戸城に登城したおり、福島の岩代三春城主・秋田河内守が腹痛を起こし、苦しむのを見て、印籠から「反魂丹」を取り出して飲ませたところ、たちまち平癒しました。 この光景を目の当たりにした諸国の藩主たちは、その薬効に驚き、各自の領内で「反魂丹」を売り広めてくれるよう正甫公に頼みました。 この事件が「おきぐすり」(配置販売業)の発祥とされています。 正甫公は、領地から出て全国どこででも商売ができる「他領商売勝手」を発布。同時に富山城下の薬種商・松井屋源右衛門にくすりを調製させ、八重崎屋源六に依頼して諸国を行商させました。 源六は、「用を先に利を後にせよ」という正甫公の精神に従い、良家の子弟の中から身体強健、品行方正な者を選び、各地の大庄屋を巡ってくすりを配置させました。そして、毎年周期的に巡回して未使用の残品を引き取り、新品と置き換え、服用した薬に対してのみ謝礼金を受け取ることにしました。 こうして、現在のクレジットとリース制を一緒にしたような「先用後利」の画期的な販売システムが登場したのです。 ちなみに、「反魂丹」は備前の医師・万代常閑の先祖が、堺浦に漂着した唐人からその秘法を授かって作ったもので、正甫公自身が腹痛を起こした時に服用して平癒したという妙薬。正甫公は「人の病患を救う妙薬を秘しておくことは惜しい」と、天和3年(年) に常閑を招いてその処方の伝授を受けたとされています。.

薬売り    ?        .   TEL.    .

関連語をあわせて調べる

雄司さんの唇が少しずつ私の中心へと向かい動いていく。脇腹を爪先でまさぐられ、臍のくぼみに舌が差し込まれる。身をよじるようなくすぐったさが、ある時点で快感へと転化する。  私の突き出た腹の向こうから一度雄司さんが顔を上げる。中年男のすけべさを丸出しにしてにやりと笑うと、雄司さんの顔が私の越中に沈んでいった。. ひとしきり股間を嬲った雄司さんの唇がねっとりと糸を引きつつ離れていった。されてばかりでは、と、雄司さんの下半身に伸ばした私の手は、やんわりと制されてしまう。雄司さんが私の身体をくるりとうつぶせに返すと、その肉厚の身体がゆっくりと背中にのしかかってきた。  いつの間にか雄司さんの腰を覆っていたバスタオルも外れ、かつて久志さんの太魔羅を挟み込んだ私の尻肉に、ごりごりとした太さと熱感が伝わってくる。勃ち上がった自分の魔羅を、ゆっくりと私の尻に擦り付けながら、雄司さんの唇が私の肩甲骨の膨らみをなぞるように蠢く。まるで私の性感帯を一つ一つ探し当てるような、ゆっくりとちりちりとした愛撫が全身に広がった。.

座布団を枕に横たわった私に、雄司さんが覆いかぶさるようにのしかかる。雄司さんの視線が、木綿地を押し上げた私の下半身へと移動しまた戻ってくる。男臭い顔が間直に迫ると同時にずっしりとした重みが全身にかかり、二人の肉体が一部の隙も無いように密着する。  舌と舌が庭先のなめくじの交合のように絡み合い、お互いの唾液が混じり合う。唇の端から流れ落ちた涎を雄司さんがべろりと舐め上げ、そのまま首筋、胸へと伝い降りた。. 働き盛りの男達が同じ屋根の下で一年のほとんどを過ごし、若衆は掛場回りの仕事だけではなく、家事や洗濯と言った帳主の細々とした世話を女房がわりに立ち働く。  となれば帳主と若衆という絶対的な関係の中で、健康な男達の下半身に溜ったお互いの欲望のはけ口が身近な存在へと向かうのは、ある意味自然の摂理であったとも言えよう。  雄司さんの話も、男同士の肉体的な接触を求める純粋な思いとして、売薬の家に生まれた男達に脈々と受け継がれてきた「血」というもののせいかもしれなかった。.

. 5 50 .

事業開発で使える、Business Model Syntaxの活用方法

章目次   小説目次   ホーム   掲示板. 箪笥の上の気彫りの老人像に、ぱんぱんと手を合わせ皆で今日一日の仕事の報告と明日の無事を祈る。朝夕、欠かさず拍手を打つその像は元々中国の神様だという話だ。  その日も、本来ならば私の役目になるはずの洗濯や食事の準備なども、久志さんが手伝ってくれたような記憶がある。今日の商売の話しをしながら食事を終えると、いよいよゆっくりと風呂で一日の疲れを癒そうということになった。  先代の背中を流してやれと久志さんに言われ、洗い場に向かう。私の家にも内風呂はあったが銭湯などもまだまだ現役の頃で、他人と風呂に入ることにはそう抵抗を感じなかったことを覚えている。  さすがに何人かで使うことを前提に借りたのだろう。風呂だけは広い作りだった。  私が背中を流しに来たことを告げると雄造さんはにこにこと相好をくずし、よっこらしょと湯船を出ると洗い場に腰を下ろしたのだった。. 座布団を枕に横たわった私に、雄司さんが覆いかぶさるようにのしかかる。雄司さんの視線が、木綿地を押し上げた私の下半身へと移動しまた戻ってくる。男臭い顔が間直に迫ると同時にずっしりとした重みが全身にかかり、二人の肉体が一部の隙も無いように密着する。  舌と舌が庭先のなめくじの交合のように絡み合い、お互いの唾液が混じり合う。唇の端から流れ落ちた涎を雄司さんがべろりと舐め上げ、そのまま首筋、胸へと伝い降りた。.

章目次   小説目次   ホーム   掲示板. 大の字になり、荒い息をつく私の下半身に雄司さんが手を伸ばし、流れ落ちた汗と雄汁とでぬるぬるになっている後口をゆるゆるとまさぐってきた。 「一段落したら、今度は僕が・・・、伸さん、いいがですか・・・?」 漆原半蔵 からあげ  新しい帳主の言葉に答えるかわりに、毛深い固太りの肉体をぐっと力を入れて抱きしめた私だった。.

  • 雄司さんの唇が少しずつ私の中心へと向かい動いていく。脇腹を爪先でまさぐられ、臍のくぼみに舌が差し込まれる。身をよじるようなくすぐったさが、ある時点で快感へと転化する。  私の突き出た腹の向こうから一度雄司さんが顔を上げる。中年男のすけべさを丸出しにしてにやりと笑うと、雄司さんの顔が私の越中に沈んでいった。.
  • 直に咥えて欲しい・・・、そんな私の願いをわざと無視するように、雄司さんは布越しの亀頭をぐっと口に含んだ。べろべろと舐め回す舌の動きはあまりに切なく、のけぞるような快感を運び込んでくる。  雄司さんの唾液と私の先端から流れ出す先触れの液にぐっしょりと濡れそぼった越中の生地が、亀頭と魔羅にずるずるとまといつく。亀頭から離れた雄司さんの唇が今後は逆に、ふぐりに向かって竿の形をなぞるように降りていくのが分かった。.
  • 雄司さんの焦らすような刺激になりふりかまわなくなった私は、自らの手で越中の紐を緩める。うつぶせのままでは何ともやりにくく、立ち上がった。雄司さんが膝立ちのまま、私の腰に手を伸ばしてくる。やっと直に、との思いが私の魔羅を年甲斐もなくびくびくと蠢かせる。  先ほどまでの布越しの刺激にこれ以上大きくなりようもないほど膨らんだ亀頭が、雄司さんの顔を映さんばかりにてらてらと先走りにまみれて光っていた。  雄司さんの手のひらがふぐりの底から尿道をぐいぐいと圧迫しながら扱き上げる。左手の親指は裏筋を押し上げるように何度もさすり、右手は亀頭の膨らみを押しつぶすように刺激してくる。  のけぞるような快感に、亀頭の先端にぷっくりとした先走りが浮かび、継ぎから継ぎへと溢れてくる。雄司さんは私に見せつけるように大きく舌を伸ばしてきた。舌先が大粒の露を掬い取るように、すっと鈴口を舐め上げた。.
  • そんな二人の姿を、神棚の上から神農さんの像が見つめている。  男達の交わりを何十年にも渡ってその目にしてきたその薬と商売の神様は、もう若いとは言えない二人の男の行く末を「困ったものだ」と微苦笑しながら見守ってくれているような気がした。.

.       ?   TEL.

TKC全国会のご紹介

章目次   小説目次   ホーム   掲示板. このページは Cookie(クッキー)を利用しています。 このサイトでは快適な閲覧のために Cookie を使用しています。Cookie の使用に同意いただける場合は、「同意します」をクリックしてください。詳細については Cookie ポリシーをご確認ください。 詳細は こちら 詳しく見る 同意しません 同意します. そんな私の気持ちを知ってか知らずか先代は力強く私の背中を擦り上げる。  背中を流し終えると、腕から手、更には指の股まで丁寧に流され、さすがに申し訳無く、「もう、いいがですが」と、言おうとしたときだった。  先代が手拭いを放り捨てたのだ。後ろから回したぶ厚い手のひらで私の全身の肉付きを確かめるかのように撫で回し始めたのだ。.

章目次   小説目次   迫り来る闇の恐怖 苦戦の8戦士   掲示板.

.

また読む:

Superficial meaning in telugu

男の子 珍しい名前

黒バスカップ セトリ

神姫プロジェクト ssr ランキング

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトcarnetsvenitiens.com へのアクティブなリンクが必要です。 © carnetsvenitiens.com 2009-2021