結 読み方 き

発行者: 18.08.2021

関連語をあわせて調べる 寄懸目結・倚懸目結 分泌ペグマタイト カルカリネイト 周縁膠結作用 諸鉤・諸鎰 溶結凝灰岩 粉体加工. ゆわ・く ゆはく 【結】 〘他カ五(四)〙 結ぶ。縛る。ゆわえる。.

ゆわ・える ゆはへる 【結】 〘他ア下一(ハ下一)〙 ゆは・ふ 〘他ハ下二〙 結ぶ。縛る。くくる。〔書言字考節用集()〕. 精選版 日本国語大辞典 「結」の解説 むすぼお・る むすぼほる 【結】. 出典  小学館 デジタル大辞泉について  情報 凡例. 男結び (おとこむすび) 紐の結び方の一つ。右端を左下に回し、そこを返すことでできた穴に左端を通す結び方。 係り結び (かかりむすび) 文章の中で特定の助詞や疑問詞が使われた場合、文末の活用形が特定のものに変化する文法。 帰結 メカクシティアクターズ 目が冴える蛇 議論や行動などが最終的にいきつくところ。また、その結果や結論。 凝結 (ぎょうけつ) 気体が液体になること。凝縮。 結願 (けちがん) 日数を定めた願掛け、祈願などや、数を決めた参拝を最後まで終えること。満願。 結果 (けっか) ある行為や物事が元になって発生した状態。また、その状態になること。 「結」を含む言葉・熟語(国語辞典).

出典  小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について  情報 凡例. 読み方 けしば.

[1] .

「結」を含む男の子の名前

出典  小学館 デジタル大辞泉について  情報 凡例. 仏教で修行の時に行われる座り方。 「跏」は足の裏、「趺」は足の甲。 主に禅宗の座禅を行う時の座法で、左の股の付け根に右の足の甲を、右の股の付け根に左の足の甲を付けて、足の裏が上に向くように組む座法。. むすぼ・れる【結】 〘自ラ下一〙 むすぼ・る 〘自ラ下二〙. メニュー コトバンクとは 辞書全一覧 アクセスランキング 索引 利用規約 叔父貴と姪. 関連語をあわせて調べる 寄懸目結・倚懸目結 分泌ペグマタイト カルカリネイト 周縁膠結作用 諸鉤・諸鎰 溶結凝灰岩 粉体加工. むすぼおれ むすぼほれ 【結】 〘名〙 動詞「むすぼおる(結)」の連用形の名詞化 心や 気持 がふさぐこと。憂鬱。むすぼれ。.

  • この漢字をコピー クリップボードにコピーしました.
  • 読み方 けいし.

[1].      . 11 !

関連語をあわせて調べる

出典  株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて  情報. けっ・しる【結】 〘自サ上一〙 サ変動詞「けっする(結)」の上一段化したもの = けっする(結) 一. いわ・える いはへる 【結】 〘他ハ下一〙 「ゆわえる(結)」の変化した語 しばる。結ぶ。ゆう。いわく。.

語源的には結う、結ぶ、結合、共同などを意味し、地域社会内の家相互間で行われる対等的労力交換、 相互扶助 をいう。地方によってはイイ、ユイッコ、エエなどとよばれ、また中国・四国地方のように手間換 てまがえ 、手間借 てまがり と称する所もある。結は催合 もやい とともにわが国の伝統的な共同労働制度の一つであるが、催合の慣行がかつて 漁村 で盛んで現在は衰退しつつあるのに対し、結は 農 山村で盛んで、現在も 田植 、 稲刈 りなどさまざまな機会に行われている。結における労力交換では、多くの場合、働き手として出動する個人の労働力の強弱はあまり問題とはされないが、一人前の人間が1日提供してくれた労力に対しては、かならず1日の労働で返済することが基本で、金銭や物で相殺することを許さない点に特徴がある。結は農耕作業で行われることが多く、起源もそこにあると考えられるが、実際の機会はそれにとどまらず、屋根の葺替 ふきか え作業における茅 かや の切出しや縄ないなどでもよく行われた。.

. WEB WEB.

結伎の意味・イメージ

けつ【結】 1 むすび。終わり。 2 漢詩 で末の 句 。 結句 。「起承転 結 」 3 《迷いの世界にしばりつける心の働きであるところから》仏語。 煩悩 ぼんのう のこと。. 結 ゆい 語源的には結う、結ぶ、結合、共同などを意味し、地域社会内の家相互間で行われる対等的労力交換、 相互扶助 をいう。地方によってはイイ、ユイッコ、エエなどとよばれ、また中国・四国地方のように手間換 てまがえ 、手間借 てまがり と称する所もある。結は催合 もやい とともにわが国の伝統的な共同労働制度の一つであるが、催合の慣行がかつて 漁村 で盛んで現在は衰退しつつあるのに対し、結は 農 山村で盛んで、現在も 田植 、 稲刈 りなどさまざまな機会に行われている。結における労力交換では、多くの場合、働き手として出動する個人の労働力の強弱はあまり問題とはされないが、一人前の人間が1日提供してくれた労力に対しては、かならず1日の労働で返済することが基本で、金銭や物で相殺することを許さない点に特徴がある。結は農耕作業で行われることが多く、起源もそこにあると考えられるが、実際の機会はそれにとどまらず、屋根の葺替 ふきか え作業における茅 かや の切出しや縄ないなどでもよく行われた。  そのほか奇抜なものとして、秋田県では共同で按摩 あんま の練習をすることを結按摩とよんでいたし、結で髪を結い合うなどの例もあり、結の意味が共同という範囲にまで拡大して解釈されることが少なくなかった。 [野口武徳].

仏教で修行の時に行われる座り方。 「跏」は足の裏、「趺」は足の甲。 主に禅宗の座禅を行う時の座法で、左の股の付け根に右の足の甲を、右の股の付け根に左の足の甲を付けて、足の裏が上に向くように組む座法。. いわ・える いはへる 【結】 〘他ハ下一〙 「ゆわえる(結)」の変化した語 しばる。結ぶ。ゆう。いわく。.

けち【結】 〘名〙. 出典  小学館 デジタル大辞泉について  情報 凡例.

.

名字「結柴」のローマ字表記

漢字情報 偏旁(偏旁冠脚) いろいろな漢字表記 今年の漢字 歴代の今年の漢字. 出典  小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について  情報 凡例. ゆい ゆひ 【結】 [1] 動詞「ゆう(結)」の連用形の名詞化.

[1].     .

また読む:

月刊少女野崎くん ss 若瀬尾

マガジン 神様の言うとおり

フェアリーテイル 楽園の塔 キャラ

Exo 週刊アイドル

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Moto 19.08.2021 19:14
いわ・く いはく 【結】 〘他カ五(四)〙 = いわえる(結). ゆ・う ゆふ 【結】 〘他ワ五(ハ四)〙.
Tsutomu 25.08.2021 04:31
出典  株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて  情報. ゆわ・える ゆはへる 【結】 〘他ア下一(ハ下一)〙 ゆは・ふ 〘他ハ下二〙 結ぶ。縛る。くくる。〔書言字考節用集()〕.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトcarnetsvenitiens.com へのアクティブなリンクが必要です。 © carnetsvenitiens.com 2009-2021