愛、屋烏に及ぶ 読み

発行者: 09.08.2021

少しのことから被害が増えていくこと。 虫が米の外側の糠を舐めると、次は中の米を食べるということから。 前漢、景帝の代に諸侯の勢力を削る目的で、諸侯の領地を少しずつ削ぐ政策を行った。 領地を削がれた呉王は領地がなくなってしまうことを危惧し、呉楚七国の乱を起こしたという故事から。 「糠を舐(ねぶ)りて米に及ぶ」とも読む。. その他の回答(1件) ナイスの多い順 新しい順 古い順.

JAPAN ヘルプ. 愛、屋烏に及ぶとはどのような意味ですか? 愛、屋烏に及ぶとはどのような意味ですか?. 少しのことから被害が増えていくこと。 虫が米の外側の糠を舐めると、次は中の米を食べるということから。 前漢、景帝の代に諸侯の勢力を削る目的で、諸侯の領地を少しずつ削ぐ政策を行った。 領地を削がれた呉王は領地がなくなってしまうことを危惧し、呉楚七国の乱を起こしたという故事から。 「糠を舐(ねぶ)りて米に及ぶ」とも読む。. 妻とは別に扶養する女性をもつこと。妾。側室。 「金屋」は立派な建物のことで、宮中のこと。 「嬌」は若く美しい女性。 「金屋に嬌を貯う」とも読む。 中国の漢の武帝が皇太子の時に、長公主から嫁をとる気はないかと尋ねられたという故事から。.

愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 ホイッスル 藤代 誠二 及肩之牆 (きゅうけんのしょう) 簡単に内側が見えてしまうほど、まだ未熟であるということのたとえ。 「及肩」は肩と同じくらいの高さのこと。 「牆」は塀のこと。 古代中国の魯の大夫の叔孫武叔が、孔子よりも弟子の子貢のほうがすぐれていると言い、子貢がそれに反論したという故事から。 舐糠及米 (しこうきゅうまい) 少しのことから被害が増えていくこと。 虫が米の外側の糠を舐めると、次は中の米を食べるということから。 前漢、景帝の代に諸侯の勢力を削る目的で、諸侯の領地を少しずつ削ぐ政策を行った。 領地を削がれた呉王は領地がなくなってしまうことを危惧し、呉楚七国の乱を起こしたという故事から。 「糠を舐(ねぶ)りて米に及ぶ」とも読む。 波及効果 (はきゅうこうか) 波紋が広がっていくように、だんだんと広い範囲に影響を及ぼすこと。 「波及」は波紋が広がっていくように影響を与えていくこと。 「効果」は結果や効き目のこと。 「及」を含む四字熟語を全て見る.

愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 及肩之牆 (きゅうけんのしょう) 簡単に内側が見えてしまうほど、まだ未熟であるということのたとえ。 「及肩」は肩と同じくらいの高さのこと。 「牆」は塀のこと。 古代中国の魯の大夫の叔孫武叔が、孔子よりも弟子の子貢のほうがすぐれていると言い、子貢がそれに反論したという故事から。 舐糠及米 (しこうきゅうまい) 少しのことから被害が増えていくこと。 虫が米の外側の糠を舐めると、次は中の米を食べるということから。 前漢、景帝の代に諸侯の勢力を削る目的で、諸侯の領地を少しずつ削ぐ政策を行った。 領地を削がれた呉王は領地がなくなってしまうことを危惧し、呉楚七国の乱を起こしたという故事から。 「糠を舐(ねぶ)りて米に及ぶ」とも読む。 波及効果 (はきゅうこうか) 波紋が広がっていくように、だんだんと広い範囲に影響を及ぼすこと。 「波及」は波紋が広がっていくように影響を与えていくこと。 「効果」は結果や効き目のこと。 「及」を含む四字熟語を全て見る. 非常に力が強いことのたとえ。 「烏獲」は人の名前。 中国の戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約八千キログラムのものを持ち上げる力持ちで、その力を使って武王に仕えて出世したという故事から。.

愛屋及烏(あいおくきゅうう)の使い方

簡単に内側が見えてしまうほど、まだ未熟であるということのたとえ。 「及肩」は肩と同じくらいの高さのこと。 「牆」は塀のこと。 古代中国の魯の大夫の叔孫武叔が、孔子よりも弟子の子貢のほうがすぐれていると言い、子貢がそれに反論したという故事から。. LOVE뮤비에서사용한앱 영어소문자로 프롬 지훈좋은꿈글첫댓글하트갯수 西の善き魔女 ルーン 正体. この漢字の読み方を教えて頂きたいです。 良ければ意味も教えて頂けると嬉しいです。 ちなみに勝手な推測としては「手下にする」的な意味かな〜と思ってます。.

愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 愛月撤灯 (あいげつてっとう) ものを大切にして可愛がる程度が、極めて激しいこと。 「愛月」は月を愛すること。 「徹灯」は光源となる灯りを撤去すること。 中国の唐の蘇テイは、酒を飲みながら詩を作る宴席で、月明かりがとても美しかったので、灯りを撤去させたという故事から。 「月を愛して灯を撤す」とも読む。 愛財如命 (あいざいじょめい) 財産を命と同等に扱って大切にすること。 または、命よりも財産を大切にすること。 「愛財、命の如し」とも、「財を愛すること命の如し」とも読む。 愛多憎至 (あいたぞうし) 愛や恩を多くもらいすぎると、憎しみやねたみを生むということ。 パチスロ ターミネーター 4号機 (あいたぞうせい) 愛や恩を多くもらいすぎると、憎しみやねたみを生むということ。 「愛多ければ憎しみ生ず」とも読む。 愛別離苦 (あいべつりく) 仏教の八苦の一つで、親子や兄弟、夫婦などの愛する人との生別または死別することの悲しみや苦しみのこと。 「愛」を含む四字熟語を全て見る.

JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。 お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。. 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。 屋烏之愛 (おくうのあい) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏さえも愛おしくなること。 屋上架屋 (おくじょうかおく) 無駄なことを繰り返すことのたとえ。 または、独創性のないことのたとえ。 「屋上」は屋根の上。 「架屋」は屋根を架けること。 屋根の上に屋根を架けるという意味から。 屋梁落月 (おくりょうらくげつ) 友人を思う切ない心情のこと。 「屋梁」は屋根を支えるはり、または、屋根のこと。 「落月」は沈んでいく月のこと。 中国の詩人杜甫が江南に流された友人の李白を思い、「家の屋根に落ちかかる月に君の面影を見た」と詩を詠じたことから。 窮閻漏屋 (きゅうえんろうおく) 大通りの裏にある荒れ果てた家のこと。 「窮閻」は貧しい町の中。 「漏屋」は雨が漏れる家、荒れ果てた家。 金屋貯嬌 (きんおくちょきょう) 妻とは別に扶養する女性をもつこと。妾。側室。 「金屋」は立派な建物のことで、宮中のこと。 「嬌」は若く美しい女性。 「金屋に嬌を貯う」とも読む。 中国の漢の武帝が皇太子の時に、長公主から嫁をとる気はないかと尋ねられたという故事から。 「屋」を含む四字熟語を全て見る.

非常に力が強いことのたとえ。 「烏獲」は人の名前。 中国の戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約八千キログラムのものを持ち上げる力持ちで、その力を使って武王に仕えて出世したという故事から。.

  • 検索メニュー 五十音検索 漢字検索 漢検級検索 場面・用途・意味検索.
  • 運営サイト 漢字辞典 四字熟語辞典 故事・ことわざ辞典 国語辞典 対義語・反対語辞典 地名辞典 数え方辞典 漢字検定WEB問題集 漢字検定WEB問題集.

……. WEB WEB.

「愛」を含む四字熟語

飢えていくと飢えてゆく どちらが文法的に正しいんですか?. 非常に力が強いことのたとえ。 「烏獲」は人の名前。 中国の戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約八千キログラムのものを持ち上げる力持ちで、その力を使って武王に仕えて出世したという故事から。. この漢字の読み方を教えて頂きたいです。 良ければ意味も教えて頂けると嬉しいです。 ちなみに勝手な推測としては「手下にする」的な意味かな〜と思ってます。. その他の回答(1件) ナイスの多い順 新しい順 古い順.

ID .

愛屋及烏(あいおくきゅうう)の例文

友人を思う切ない心情のこと。 「屋梁」は屋根を支えるはり、または、屋根のこと。 ライオンvs熊 中国の詩人杜甫が江南に流された友人の李白を思い、「家の屋根に落ちかかる月に君の面影を見た」と詩を詠じたことから。. 以下の文章を敬語に直してください。 謙譲語? 「そっちに行ってあなたの要望を聞くね」 「そちらに伺ってご要望をお窺いします」で合っていますか?. 友人を思う切ない心情のこと。 「屋梁」は屋根を支えるはり、または、屋根のこと。 「落月」は沈んでいく月のこと。 中国の詩人杜甫が江南に流された友人の李白を思い、「家の屋根に落ちかかる月に君の面影を見た」と詩を詠じたことから。.

愛、屋烏に及ぶ 読み方:あい、おくうにおよぶ 意味:人を激しくまた真剣に愛すると、そ の愛する人が住んでいる家の屋根に留ま っている烏をも愛するようになる。つま り、愛する相手自身だけでなくその人に 関係するすべてのものに愛惰を注ぐよう になること。.

  • 愛及屋烏について 愛及屋烏.
  • 愛及屋烏について 愛及屋烏.
  • 簡単に内側が見えてしまうほど、まだ未熟であるということのたとえ。 「及肩」は肩と同じくらいの高さのこと。 「牆」は塀のこと。 古代中国の魯の大夫の叔孫武叔が、孔子よりも弟子の子貢のほうがすぐれていると言い、子貢がそれに反論したという故事から。.
  • JAPAN ヘルプ.

WEB WEB. …… 愛、屋烏に及ぶ 読み. : :. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 愛、屋烏に及ぶ 読み 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30.

窓の外に身体を向ける、というのはどういう意味ですか? 以下小説からの抜粋です。 「さあ、それはどうだか」湯川はマグカップを持ったまま、窓の外に身体を向けた。 この人は屋内にいるんですよね? 窓の方向に身体を向けたという意味でしょうか? 窓の外に視線を向けた、ならわかるんですが、身体ってなんだかわかりづらいです。. 愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 愛及屋烏 (あいきゅうおくう) 溺愛、盲愛のたとえ。 「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。 及肩之牆 (きゅうけんのしょう) 簡単に内側が見えてしまうほど、まだ未熟であるということのたとえ。 「及肩」は肩と同じくらいの高さのこと。 「牆」は塀のこと。 古代中国の魯の大夫の叔孫武叔が、孔子よりも弟子の子貢のほうがすぐれていると言い、子貢がそれに反論したという故事から。 舐糠及米 (しこうきゅうまい) 少しのことから被害が増えていくこと。 虫が米の外側の糠を舐めると、次は中の米を食べるということから。 前漢、景帝の代に諸侯の勢力を削る目的で、諸侯の領地を少しずつ削ぐ政策を行った。 領地を削がれた呉王は領地がなくなってしまうことを危惧し、呉楚七国の乱を起こしたという故事から。 「糠を舐(ねぶ)りて米に及ぶ」とも読む。 ファイトクラブ 卒業生 その後 (はきゅうこうか) 波紋が広がっていくように、だんだんと広い範囲に影響を及ぼすこと。 「波及」は波紋が広がっていくように影響を与えていくこと。 「効果」は結果や効き目のこと。 「及」を含む四字熟語を全て見る.

簡単に内側が見えてしまうほど、まだ未熟であるということのたとえ。 「及肩」は肩と同じくらいの高さのこと。 「牆」は塀のこと。 古代中国の魯の大夫の叔孫武叔が、孔子よりも弟子の子貢のほうがすぐれていると言い、子貢がそれに反論したという故事から。. 妻とは別に扶養する女性をもつこと。妾。側室。 「金屋」は立派な建物のことで、宮中のこと。 「嬌」は若く美しい女性。 「金屋に嬌を貯う」とも読む。 中国の漢の武帝が皇太子の時に、長公主から嫁をとる気はないかと尋ねられたという故事から。.

……. アヤエイジア 歌 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 愛、屋烏に及ぶ 読み 25 26 27 28 29 30.

また読む:

闇姫様 サイト パスワード

コナン 義眼 映画

ピッコロ ご飯 かばう 何話

青いモビルスーツは伊達じゃない

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
Annaisha 09.08.2021 18:49
LOVE뮤비에서사용한앱 영어소문자로 프롬 지훈좋은꿈글첫댓글하트갯수 日本語に訳して頂きたいです。。. キーワード: 検索.
Ryuichi 10.08.2021 14:28
愛屋及烏 (あいおくきゅうう) 溺愛、盲愛のたとえ。 その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根にとまっている烏(からす)さえも愛おしくなるということから。 「屋を愛して烏に及ぶ」とも読む。 烏焉魯魚 (うえんろぎょ) 文字を書き間違えること。 「烏」と「焉」、「魯」と「魚」の字の形が似ていることから。 烏獲之力 (うかくのちから) 非常に力が強いことのたとえ。 「烏獲」は人の名前。 中国の戦国時代の秦の武王に仕えていた烏獲は、重さ約八千キログラムのものを持ち上げる力持ちで、その力を使って武王に仕えて出世したという故事から。 烏合之衆 (うごうのしゅう) からすの群れは無秩序でただ集まっているだけということから、規律も統制も何も無く寄せ集めの集団や軍隊のたとえ。 烏集之交 (うしゅうのまじわり) 「烏集」は烏の群れのことで、疑り深く、利己的な鳥とされていることから、お互いに自分の利益のみを考え、誠意のない交流や集まりのこと。 烏鳥私情 (うちょうのしじょう) 親孝行して恩返しをしたい気持ちのことを謙遜していう言葉。 「烏鳥」はからすのこと。 「私情」は自分の気持ち。 からすは育ててもらった恩に親に口移しで餌を食べさせるということから。 「烏」を含む四字熟語を全て見る. 愛及屋烏について 愛及屋烏.
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトcarnetsvenitiens.com へのアクティブなリンクが必要です。 © carnetsvenitiens.com 2009-2021